あえて肉を使わず野菜のおいしさを味わう

 畑でとれたばかりの野菜が家の近くで手に入るので、冬はポトフばかり(笑)。肉類を入れるのが一般的かもしれませんが、私は野菜だけで作ります。キャベツの芯は甘くていい味が出るし、セロリで香りがよくなるので、コンソメなどを入れなくても十分おいしくできます。

 わが家ではポトフは副菜の位置づけ。主菜は別に用意します。多めに作っておき、残ったら変身させられるのもポトフのいいところ。野菜をつぶしてポタージュにすれば、見た目が変わるので、家族も喜んで食べてくれます。

野菜だけのポトフ。野菜のうまみも栄養もまるごと取り入れて
野菜だけのポトフ。野菜のうまみも栄養もまるごと取り入れて

コンソメなしでも奥深い味
野菜だけのポトフ

[1人分]222kcal・塩分 2.3g [調理時間]50分

【材料(2人分)】
キャベツ…1/4個
ニンジン…1本
セロリ…1/2本
タマネギ…1個
ニンニク…2かけ
オリーブオイル…大さじ2
塩…小さじ1/2
好みで粒マスタード・塩・粗びき黒コショウ…各適量

【作り方】】
1. キャベツは縦半分に切る。ニンジンは皮をむき、セロリは筋を取って縦半分に切る。タマネギは皮をむくニンニクは包丁の腹を当てて押しつぶす。
2. 鍋にオリーブオイルとニンニクを弱めの中火で熱し、ニンニクがこんがりとするまで炒める。
3. 火を止めてキャベツとニンジン、セロリ、タマネギを入れ、ひたひたの水(分量外)を注ぐ。蓋をして中火にかけ、30~40分煮る。タマネギに串がすっと通ったら、塩を加えてひと煮する。
4. タマネギは取り出して縦半分に切る。器に野菜とスープを盛り、好みで粒マスタード・塩・粗びき黒コショウを添える。

こんがりと炒めたニンニクがおいしさのポイント。肉を入れなくてもコクのあるポトフになる。

構成・文/川端浩湖 写真/野口健志 スタイリング/飛田和緒

日経ヘルス2016年2月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります