周りの人は「ライバル」? それともあなたの「仲間」?

 まず、「ココロが揺らぐ」とはどういうことか、考えてみましょう。ありがちなのは、失敗などうまくいかなかった出来事をきっかけに、気分が落ち込んでしまうパターン。

 そんなとき、「めげちゃダメ。頑張らなきゃ」などと思うと、往々にして自分を責める気持ちが強くなります。「失敗はダメ」というところから「失敗で揺らぐ私はダメなヒト」という考えへ、マイナスの思考をかえって強めてしまうのです。

 一方、ココロが揺らぎにくい人は、失敗をしたとき、まったく違う受け止め方をします。「失敗は仕方ない。経験を次につなげよう」などと、自然と前向きにとらえます。揺らがないように頑張るといった意識は、ほとんどありません。

 この違いは、どこから来るのでしょう? 実は「揺らがないココロ」のポイントは、人間関係のとらえ方にあります。

 ココロが揺らぎやすい人は、自分と周囲の関係を、「評価する人/される人」のような上下関係や、「ライバル」のような敵対関係でとらえていることが多いのです。だから、周囲に弱みを見せないように頑張っていますが、ひとたび失敗すると「しまった!」とパニックに陥ったり周りが見えなくなったりしやすい。

 一方、揺らぎにくい人は、周りとの関係を「仲間」ととらえています。仲間ですから、誰かが失敗したときに助けたり助けられたりするのは当然。だから自分が失敗したときも、必要以上に深刻になりません。

 レッスン1では、自分の人間関係を見直してみましょう。注目するのは「雑談」です。

 みなさんは、職場や家庭で雑談をしていますか。人間関係を「仲間」ととらえているなら、実務的な会話以外に、ふとよもやま話が弾むもの。そんなココロ和むやりとりができていないとしたら、上下関係や敵対関係に縛られているか、自分ひとりで頑張りすぎて、周りが見えなくなっているのかもしれません。

Lesson1 周りの人と、どのくらい「雑談」をしているか振り返ってみよう
「雑談」には、人間関係が現れる。業務上の連絡事項だけでなく、ちょっとした言葉のやりとりを楽しむ余裕があるなら、上下関係や敵対関係とは無縁。「上司と部下」「親子」のような上下的になりやすい間柄でも、しばしば雑談が行き交っているなら、“仲間”的な感覚が宿っている。