日経xwoman

慢性不眠には「睡眠日誌」習慣を 時間制限法のススメ

マインドフルネス瞑想で睡眠の質が改善

マインドフルネス瞑想で睡眠の質が改善
軽い不眠がある49人(平均66歳)を2群に分け、一方は6回の講習でマインドフルネスの基礎を学びながら、自宅で毎日5〜20分の座禅、五感を使った食事などを行った。6週間後、マインドフルネス群は対照群に比べ睡眠障害のレベルが低下した。(データ:JAMA Intern Med;175,4,494-501)
閉じる