塩もみ小松菜と納豆のスパゲッティ

 塩もみ小松菜は万能の常備菜になる。「桜エビなどと合わせて混ぜ、おにぎりの具にしてもおいしい。ゴマ油を加えればナムル風にも」(成沢さん)。

[1人分]399kcal・塩分 1.7g[調理時間]10分

【材料(2人分)】
塩もみ小松菜
 小松菜 …… 250g
 塩 …… 小さじ1/3
納豆(ひきわり)…… 2パック(100g)
スパゲッティ …… 120g
オリーブオイル …… 大さじ1
のり …… 適量

【作り方】
1. 小松菜は1cmの小口切りにしてボウルに入れ、塩をまぶして小松菜の汁が出てしんなりするまで手でもむ。
2. 1に納豆を入れて混ぜておく。ゆでたスパゲッティをそのボウルに入れてさっくりとからめ、オリーブオイルを振る。皿に盛り、のりを散らす。

成沢正胡
料理研究家
成沢正胡 料理好き、おもてなし好き、人好き、酒好きが高じて料理の世界へ。和の懐石をメーンにした料理教室「うらら」を主宰。近著は『巻いて、包んで。小さなおやつ、おつまみ77』(朝日新聞出版)。

取材・文/松岡真理 写真/鈴木正美 レシピ考案・料理/成沢正胡 構成/菅原由依子

日経ヘルスムック『野菜の健康パワーをおいしく上げるレシピ129』掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります