スクワットのNGパターン

 やってしまいがちなNGパターンをご紹介。どれも正しい負荷がかからず効果はゼロに。けがの危険も。

NG!
NG!

ひざがつま先より前
ひざを前に突き出してしゃがむと、お尻が後ろに引けない。これでは大殿筋に刺激が入らない。

NG!
NG!

背中が曲がる
背中が猫背になると、体幹に刺激が入らない。頭からお尻は一直線にキープしよう。

NG!
NG!

お尻がひざより高い
ひざを十分に曲げず、お尻だけ後ろに引いた状態。体幹に正しく刺激が入らない。

NG!
NG!

反動をつけて上がる
反動をつけて立ち上がろうとすると後ろに反り返りがち。真上に上がる意識を。

 次回は、スクワットのバリエーションを紹介します。
 こちらからどうぞ ⇒ みっちり1分で鍛える 椅子スクワット&片脚スクワット

竹下雄真
デポルターレクラブ代表、パーソナルトレーナー
竹下雄真 米国・シアトルでパーソナルトレーナー研修に参加した後、スポーツ選手をはじめ、著名人、一流ビジネスマンといった多くのクライアントのコンディションをサポートする。著書に『「1日1分」を続けなさい! 一生太らない“神”習慣』(世界文化社)。

取材・文/黒澤祐美 写真/鈴木 宏 モデル/長沢美月 図版/三弓素青

日経ヘルス2017年11月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります