胸が開き深い呼吸になる「ねじりのポーズ」

 パソコンやスマホを長時間見ていると、肩が前に出て猫背になり、呼吸も浅くなりやすい。そんな姿勢を改善するのがこれ。胸が開いて呼吸が深くなり、肩や首の凝りも解消!

1. 床にあぐらで座り、骨盤を立てて背すじを伸ばす。
2. 左手を後ろにつき、背骨を中心に上体を左側にねじって肩を後ろへ引く。できるだけ大きく胸を開き、自然呼吸で10秒キープ。首も伸ばし、目線は斜め後ろへ。反対側も同様に。

 次回は、ゆがみの原因である体のクセを正す整体ヨガを紹介します。
 こちらへどうぞ ⇒ 整体ヨガで疲れない体に(3) 体のクセを正す

KAORU
STUDIO Apro主宰、パーソナルトレーナー
KAORU フィットネス指導歴37年。ヨガやピラティス、加圧などを組み合わせた独自のメソッドを追求し、女優や美容のプロなどから信頼を集める。著書に『女優やモデルのおうち習慣 テニスボールダイエット』(幻冬舎)などがある。

取材・文/やまきひろみ 写真/鈴木 宏 モデル/中井さくら

日経ヘルス2017年11月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります