足をクロスして外側をほぐす【クロスでひねるだけストレッチ】

 足を組んでひねりを加えることで、お腹とお尻、ももの外側、股関節まわりをしっかりストレッチ。

【1】あおむけになり脚をクロスする
あおむけになり、ひざを立てる。左足首を右ひざの上にのせて組む。脇はテニスボール1つ分ほどあけ、手のひらは上向きにする。

【2】左側に倒して90秒キープする
足を組んだ状態で、左足首で誘導しながら左側に足を倒していく。肩が浮かずに倒せるところまで倒したところで、90秒キープ。反対側でも同様に行う。

腰と股関節まわりをほぐす【うつぶせでひねるだけストレッチ】

 うつぶせ状態で左右に足を倒すと、腰や股関節にひねりが加わり、ほぐれる。むくみもすっきりとれる。

【1】うつぶせになり足を上げる
うつぶせ姿勢になり、ひざを曲げて両足を上に上げる。手は顔の前で組んでも、広げて床においてもよい。

【2】パタン、パタンと左右に倒す
左側に足を倒して、脱力しながら足から腰、首にかけてかすかに揺れるのを感じる。揺れが収まったら、反対側にも同様に倒す。

本間洋平
パーソナルトレーナー
本間洋平 スタジオCarpe Diem(カルペディエム)に所属し、パーソナルトレーナーとして指導を行う。「心と体に変化と喜び、感動を」をテーマに、理想の体を実現する過程の心身サポートも大切にしている。
林 博之
渋谷DSクリニック渋谷院 院長
林 博之 東京慈恵会医科大学卒業。同大学形成外科講師などを経て2005年より現職。「リバウンドなく体型を維持してこそダイエットは成功する」を理念としたダイエット指導を行っている。著書『ダイエットの真髄』(アプレ)。

取材・文/柳本 操 写真/鈴木 宏 モデル/津山祐子

日経ヘルス2016年8月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります