左右の足パカでゆるんだ内ももをしっかり刺激

 まずは足パカの基本。あお向けになって両足を上げ、付け根から左右に脚を開いて閉じる。1基本の足パカと2足パカクロスは内もも、お尻、下腹に効く。「特に内ももの内転筋に筋肉がつけば脚の形がよくなってくる」(高稲さん)。

1. 基本の足パカ

左右に開閉する動作が内もも&お尻に効く

 プルプル揺れる内ももを、基本の足パカで引き締めよう。脚を左右に開閉することで、内ももにある内転筋を刺激する。特に両脚を閉じる際、内ももをしっかり意識して動けると、効果がアップする。股関節が硬い人は無理をせず、できる範囲で開脚すればOK。

普段使わない内ももを意識して脚を開閉
あお向けになり、両腕は斜めに開いて手のひらを床につける。両脚は揃えて床に対して垂直に上げ、ひざを少しゆるめる。息を吸いながら両脚をできるだけ広く左右に開き、吐きながら再び両脚を合わせる。1分間、反動をつけずに繰り返す。

ここに効く1
脚の動きは腹筋でもコントロールするため、足パカでは下腹やわき腹の筋肉をまとめて刺激する。

ここに効く2
あお向けのまま脚を上げた姿勢で左右に動かすと内転筋に刺激が入り、たるんだ太ももがキュッと引き締まる。

ここに効く3
両脚を広げる動きはお尻を刺激する。特にお尻の上部にある中殿筋に効かせることで、垂れ尻を引き上げプリッとした小尻にリメイク。