やみくも鍛えるだけじゃダメ!

 ただやみくもにトレーニングしても、お腹は割れない。まず行うべきは、「ほぐし」と「呼吸法」のマスターだ。これがStep1とStep2。次回の記事で紹介していく。エクササイズで鍛えるのはその後のStep3だ。

山崎さん監修の「1日10分、3週間プログラム」

Step1・背中をストレッチでほぐす
Step2・腹筋を呼吸で内側から刺激する
Step3・腹筋をエクササイズで鍛え、4つの筋肉別にアプローチ

■これが理想の腹筋!
■これが理想の腹筋!

 男性の憧れ「シックスパック」は、カッコいいけど女性向きではない。女性の理想は、ヨコではなくタテに3本の線がスッと入った、バキバキでもガリガリでもないお腹。ぐっと入ったくびれやペタンコな下腹もポイントだ。

教えて、山崎さん! タテ線への近道Q&A

Q. 毎日腹筋しているのにタテ線が入りません!

 「背中が硬いのかも。それでは腹筋がしっかり伸び縮みしないため、筋肉もつきません。まずは背中のほぐしを重点的に行ってください。正しい呼吸法も大切です」

Q. 冷え性ではダメですか?

 「冷えは大敵です!血流が悪いと、筋トレの効果が出るのに時間がかかる可能性があります。毎日湯船に浸かり、1日中シルクや遠赤外線効果のある腹巻きでお腹を温めて」

Q. 食事で気をつけることは?

 「食事制限をする必要はありません。ただし、筋肉をつけるためにたんぱく質を多めにとり、必要に応じてプロテインを追加して。私は女性には植物性プロテインをお薦めしています」

Q. 便秘がちなのですが……。

 「せっかくたんぱく質をとっても、腸内環境が悪いと、きちんと吸収できないことも。まずは食物繊維や発酵食品などで便秘改善に努め、吸収力の高い腸を目指しましょう」

 次回は、3週間プログラムの「Step1・ストレッチ」と「Step2・呼吸」を紹介します。

山崎麻央
加圧、FTPピラティスインストラクター
山崎麻央 出産を機に、外資系企業を退社。加圧トレーニングやピラティス、食カウンセリングなどを行う「ソラーチェ代官山」をオープン。著書に『#腹筋女子 お腹が割れたら人生変わった!』(講談社)など。
近著:『10秒やせストレッチ 一生太らない!気持ちよくやせる!』(三笠書房)→
ソラーチェ代官山 →
ソラーチェ代官山オンラインショップ→

取材・文/いなもあきこ 写真/村田わかな

日経ヘルス2019年4月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります