腰が軽くスッと動くようにまずはこれをやってみよう!

基本の体幹ストレッチ

 腰をひねると、腰と背骨を支える筋肉がストレッチされて体の柔軟性が上がり、スムーズな動作につながる。座っている時間が長い、腰痛がある、ウエストをしぼりたい人は念入りに。

1. ひざを立てて両腕を横に伸ばす
あおむけで、両ひざをそろえて立てる。両腕は布団や床につけたまま横に開いて伸ばす。両腕は布団からはみ出るかもしれないが、なるべく肩の一直線上に置く。

2. ひざを倒して腰をひねる
ひざをそろえたまま右に倒す。両肩が布団や床から離れないように腰をひねり、5〜10秒キープ。反対側も同様に行い、左右交互に5回繰り返す。ひねるときに肩が浮くのはNG。肩が床から浮いたらひねりを少しゆるめよう。

 次回は、より効果を高める体幹ストレッチをご紹介します。ぜひ実践してみてくださいね。

 こちらから ⇒ ベッドの上で老け体幹をリセット 4つの体幹ストレッチ

広瀬統一
早稲田大学スポーツ科学学術院教授
広瀬統一 専門はトレーニング科学など。教べんをとるかたわら、サッカー女子日本代表フィジカルコーチやジェフユナイテッド市原・千葉ユースアカデミーコンディショニングコーチを歴任。著書『大人女子の体幹ストレッチ』(学研プラス)など。

取材・文/茅島奈緒深、西山裕子(日経ヘルス編集部) 写真/鈴木 宏 モデル/殿柿佳奈

日経ヘルス2016年5月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります