お尻の筋肉を目覚めさせよう!

 最近、美尻を作るトレーニングが話題だが、ボディビルダーにとっても、狙った結果を出すのが難しいパーツだという。「お尻の筋肉を意識できない、筋トレの負荷を感じられないなら、狙った筋肉を使えていない。それでは、形も変わらない」(岡田さん)。本気でヒップラインを変えたいならば、長時間座り続けて怠けることに慣れてしまったお尻の筋肉を目覚めさせ、しっかり働く感覚を取り戻すのが第一歩だ。

 そこで、座りすぎによる垂れぐせをリセット。効率よく鍛える「尻トレ」をしよう。「筋トレは、筋肉がしっかり伸び縮みすることが重要。垂れ尻の筋肉は硬く、動きにくくなっているので、しっかりストレッチするところから始めて」(岡田さん)。

 お尻の筋肉が目覚めて働くようになれば、階段を上る、大股歩きをするときも自然と使われるようになるという。「トレーニング時はもちろん、ヒップアップにつながる効果が望める」(岡田さん)。

 次回は、垂れぐせをリセットする、5分の尻トレプログラムを紹介します。

岡田 隆
日本体育大学 体育学科准教授
岡田 隆 理学療法士、日本体育協会公認アスレティックトレーナー。大学で教鞭をとるほか、柔道男子や水球の日本代表強化スタッフを務める。“バズーカ岡田”の名でTVでも活躍。『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(サンマーク出版)など著書多数。

取材・文/長島恭子 写真/鈴木 宏 モデル/大浦サト

日経ヘルス2018年1月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります