オリーブオイルの効果を高めるには

 今回は、そんなオリーブオイルの効果をもっと高める方法を提案していく。自宅にあるオリーブオイルに、ニンニク、ショウガ、ローズマリーという3つの素材を漬け込むことで、健康パワーを高めよう。

+ニンニク で脳の活性を高め認知症を予防

ニンニクをオリーブオイルにつけることでオイルに「アホエン」という成分が溶出する。このアホエンが脳機能を活性化するため認知症などの予防につながる。

+ショウガ で冷え、便秘を解消

ショウガに含まれる辛み成分のショウガオールが血流をアップ。体の熱を産生する働きがあるので、夏の冷えに最適。胃腸を刺激するため、便秘などに悩む人にもお薦め。

+ローズマリー でシミ・シワ防ぐ

欧州を中心に古くから愛用されてきたローズマリーは、抗酸化作用が強く、血流をスムーズにする。老化に影響する活性酸素を抑制し、シミ・シワを予防する。

 次回は、オリーブオイルとニンニクを合わせた健康効果について紹介します。

 こちらへどうぞ ⇒ オリーブオイル+ニンニクで脳を活性化、認知症予防

平柳 要
食品医学研究所 所長
平柳 要 医学博士。東京大学大学院医学研究科修了。日本大学医学部准教授を経て現職。著書に『病気にならない!しょうが緑茶健康法』、『医学博士が考案した長生きふりかけ』(サンマーク出版)など。「ショウガは最強の健康長寿食材の一つ」。

取材・文/熊 介子 写真/鈴木正美

日経ヘルス2015年9月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります